購入時と購入後にかかる税|住宅ローンを滞納したら任意売却の手続きを|ヘルプ不動産

住宅ローンを滞納したら任意売却の手続きを|ヘルプ不動産

購入時と購入後にかかる税

男性

不動産を購入するときは、物件価格や土地価格ばかりに目が行きがちですが、税金のこともしっかり把握しておくべきです。税金のことも頭に入れておかないと、予算オーバーしてしまう可能性もあるので注意しましょう。不動産を購入するときに、必ず発生する税金が3つあります。1つ目は印紙税です。印紙税とは、住宅の売買契約や住宅ローンの契約を行なうときにかかる税金です。1,000万円以上、5,000円万円以下の住宅ローン契約を交わす場合は、20,000円の印紙税が発生します。2つ目は登録免許税です。登録免許税とは、登記手続きや抵当権設定を行なう際に支払わなければならない税金です。3つ目は、不動産所得税です。住宅や土地を購入、取得したときに支払う税金のことです。土地と建物のそれぞれにかかるもので、税額は固定資産税評価額の3%です。このように不動産購入時には、さまざまな税金がかかるので、しっかり計算しておきましょう。

不動産購入時だけではなく、購入後にも発生する税金があります。それは、固定資産税と都市計画税の2つです。この2つは、不動産を保有するために、毎年支払わなければなりません。固定資産税は、市町村が行なう行政サービスの資金となるもので、都市計画税は、都市計画事業の費用として使われるものです。固定資産税と都市計画税は、住宅用地の場合、税率が優遇されるようになっています。不動産の面積に応じて税額が軽減されますが、新築住宅や長期優良住宅として認定されている場合も特別措置が取られて、税金が軽減されます。税金に関する知識を持っておくと、損することなく不動産を購入できるようになります。